姿勢の歪みや体型を簡単に測定!

モアレ(モアレ・トポグラフィー)とは?

一般的にはモアレ式体型観察装置と言い、モアレの干渉模様を読み取ることで身体の正確な立体計測と記をする装置です。側湾症の観察や、筋肉や骨格のゆがみの測定装置として、改善を客観的に捉えることができます。
何度使用してもX線のような危険性がなく、安心して使うことができます。スポーツ分野、美容、医学、歯学、整体、整骨、東洋医学など広い分野使用されています。

モアレルックとは?

一般のデジタルカメラとパソコンを使って短時間かつ容易にモアレによる立体計測を可能にしたものです。

一般的なモアレとモアレルックの違い

デジカメひとつで簡単(撮影まで数秒あればOK) 装置が小さい(パソコンとデジカメのみ) 暗室が不要(更衣室レベルの撮影場所があればOK) データ保存が容易(測定データは数千人でも可能) 前後比較が可能(パソコン画面上で可能) 測定画面を印刷できる(患者に結果を渡せる)