フットルックで簡単に本格解析ができる

  • 測定画像が分かりやすい。→足裏の正常・異常を簡単に説明できる!
  • 正確な測定ができる。→正確なデータは良い治療やシューフィッテングには不可欠!
  • 過去と現在のデータを比較できる。→治療の経過を分かりやすく説明することができる!
  • 測定結果を印刷することができる。→患者・お客様に結果をお渡しできる!

足裏の圧力分布
足裏の画像をコンピューターで解析し、カラー表示にすることにより色の違いで足裏の圧力分布を分かりやすく表示します。
・足の内側外側、前後にどのように圧力がかかっているか?
・指がそれぞれ接地しているか?
・特に浮き指の確認が容易です。

など足裏のバランスを容易に確認することができます。
・インソール作成の参考データとしてもご利用できます。

モアレ画像
足裏の画像をコンピューターで解析し、モアレ画像に変換します。
これにより目視では確認の困難な足裏の凹凸など、足裏の形を詳細に確認することができます。
・土踏まずの形状を確認することにより内足側の足底筋が下がっているなどが容易に解
析できます。

・タコ、魚の目なども確認することができます。

足裏の接地面積
足の裏の全体の面積と接地している面積をそれぞれ数値(c㎡)にて表示します。
同時に足裏全体の面積と接地面積・接地面積比率も計算します。

重心位置
接地面積量を元に足裏重心位置を計算します。
重心位置と圧力分布の画像をともに利用することによって、上半身下半身のゆがみも推測することができます。

足長・足幅

指の角度
足裏に4本の線を入れ、親指の角度(外反母趾角)、小指の角度(内反小趾角)、開帳角(FICK角)を計算します。

靴サイズ・ウィズ(A~B~C~D~E~EE~EEE~EEEE~F~G)
JIS規格の靴サイズ表を元に表示。

土踏まず発達度
各指の腹部中心点から内足線と外足線の交点に向け直線を入れ土踏まずがどの指の線の所まで来ているかを見ることで土踏まずの発達度合いを測定することができます。